大谷翔平、70’s復刻ユニで2試合ぶり安打 打率.279、エ軍2戦連続零敗で借金1

アスレチックス戦に先発出場したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
アスレチックス戦に先発出場したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

6回に中前打も二盗失敗、4打数1安打1三振

■アスレチックス 2ー0 エンゼルス(日本時間31日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は30日(日本時間31日)、本拠地のアスレチックス戦で「2番・指名打者」で先発出場した。6回の第3打席で2試合ぶり安打となる中前打を放ち、4打数1安打1三振で打率.279。チームは0-2で完封負けを喫し、借金1となった。

 1点を追う6回先頭。今夏のオールスター戦に選出された右腕バシットの高めカットボールを、詰まりながらも中前へ運んだ。続くゴセリンの打席で二盗を狙ったものの盗塁失敗。チャンスを広げられなかった。初回1死は空振り三振、4回先頭はニゴロ。8回1死は三塁チャップマンの好守に阻まれて三ゴロに倒れた。

 この日は「70年代ウイークエンド」として、復刻ユニホームを着用。第1打席の大型スクリーンに映る選手紹介で、大谷は1978年のミュージカル映画「グリース」で主演を務めたジョン・トラボルタに扮して紹介された。

 28日(同29日)の本拠地・ロッキーズ戦中にダグアウトに飛び込んできたファウルを避けようとした際に右手親指を痛め、次回登板は8月2日(同3日)の敵地・レンジャーズ戦以降に変更となった。マドン監督は「痛みがあるだけで、特に(大きな)問題があるわけではない」と話した。

 チームは18イニング連続無得点。アスレチックス戦は6月14日(同15日)から7連敗となった。

(Full-Count編集部)

SPOZONE

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY