大谷翔平も水原通訳も「アンビリーバブルな働きぶり」 6勝目援護弾の同僚が称賛

レンジャーズ戦に先発したエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
レンジャーズ戦に先発したエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

6号ソロのメイフィールド「ファンはみんなオオタニのプレーを見に来ている」

■エンゼルス 2ー1 レンジャーズ(日本時間5日・アーリントン)

 エンゼルスの大谷翔平投手は4日(日本時間5日)、敵地でのレンジャーズ戦で、メジャー自己最多を更新する6勝目を挙げた。「2番・投手」で投打同時出場。打席では3打数無安打だったが、マウンドでは6回を4安打6奪三振1失点で、6月から自身5連勝。5回に貴重なソロを放ったメイフィールドは、試合後にグラウンドで行われたインタビューで「ショウヘイがきょうの試合を支配する姿を見るのが楽しかったよ」と語った。

 大谷は初回1死三塁といきなりピンチを背負うも、後続を打ち取って無失点の滑り出し。2回以降は危なげない投球を披露した。6回は先頭のカイナーファレファに二塁打を浴びたのをきっかけに1死三塁を招いて遊ゴロの間に1点を失ったが、1点リードのまま降板。スライダーなど変化球を多投しながら、4試合連続でクオリティスタート(6イニング以上で自責点3以下)を達成した。2か月負けなしで、防御率は3点台を切って2.93になった。

 試合は3回、相手投手の暴投で二塁からラガレスが一気に生還して先制。5回にはメイフィールドの6号ソロで加点して2連勝を飾った。殊勲者となったメイフィールドは、「チーム全体がうまく機能していた。ショウヘイは良かった。ウォーレンも良かった。そして救援陣全体もね。イグレシアスが登場して、試合を締めてくれた」と快勝を振り返った。

 6勝目を挙げた大谷については「彼はしっかり準備をする選手。彼とイッペイはアンビリーバブルな働きぶりだよ」と、水原一平通訳も含めた貢献度を称賛。躍動する二刀流の姿がまぶしいようで「ここのファンはみんな彼のプレーを見に来ている。僕たちは彼に勝利を届けたかった」と語った。

(Full-Count編集部)

SPOZONE

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY