ソフトバンク、助っ人レイの退団を発表「家族のそばから離れられない」

ソフトバンクのコリン・レイ【写真:藤浦一都】
ソフトバンクのコリン・レイ【写真:藤浦一都】

今季加入したレイはここまで6試合で3勝をマークしていた

 ソフトバンクは8日、コリン・レイ投手のウェーバー公示の手続きを申請すると発表した。今季加入した右腕はシーズン途中に退団することになった。

 2011年のドラフト12巡目でパドレスに指名されたレイ。2015年にメジャーデビューを果たすと、マーリンズ、カブスなどでメジャー通算35試合に登板して8勝をマークした。今季からソフトバンクに加入し、前半戦で6試合に先発して3勝1敗、防御率2.03の好成績を残した。後半戦もローテの柱の1人として期待されていた。

 だが、新型コロナウイルスの感染拡大による新規入国制限により、家族が来日できず。前半戦終了後に米国に一時帰国していたが、誕生したばかりの子供が早産児だったことから、家族との時間を重視したいと本人が希望。球団との話し合いの結果、そのまま退団することとなった。

 レイは球団を通じて「これまで福岡ソフトバンクホークスでプレーした日々は私にとって、とても楽しいものでしたが、先日誕生した我々の赤ちゃんが早産児で誕生したため、しばらくは家族のそばから離れることができない状況になりました。もし今後またホークスでプレーする機会があれば、喜んでまたみんなと一緒にプレーしたいと思います。 これまでお世話になったホークス球団の皆さんの協力に心から感謝します」とコメントした。

 今季、プロ野球では家族の来日が叶わないことから外国人の退団が相次いでいる。オリックスのディクソンは来日せずに退団。西武のメヒアや巨人のスモーク、オリックスのロメロも家族との時間を大切にしたいという意向からシーズン途中で退団していた。

(Full-Count編集部)

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY