大谷翔平、6回6奪三振2失点好投で7勝目 2か月半負けなし6連勝、打撃では弾丸二塁打

ブルージェイズ戦に先発し今季7勝目を挙げたエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
ブルージェイズ戦に先発し今季7勝目を挙げたエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

ライバル・ゲレーロJr.との直接対決は左前打、空三振、四球

■エンゼルス 6ー3 ブルージェイズ(日本時間13日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は12日(日本時間13日)、本拠地・ブルージェイズ戦で「1番・投手」で出場し、今季7勝目を挙げた。6回6奪三振3四球、3安打2失点と好投した。フォーシームの最速は98.7マイル(約158.8キロ)、防御率2.93。打撃では3打数1安打1四球で打率.268。チームは6-3で勝利し、連敗を2で止めた。勝率を5割に戻した。

 投手・大谷が躍動した。強打のブルージェイズ打線を封じ込めた。5点リードの4回1死二塁からヘルナンデスの左前適時打、グリチェックの右中間適時二塁打で2点を失ったものの、6回99球(ストライク62球)を投げて6奪三振3四球、3安打2失点。5試合連続のクオリティスタートと試合を作り、6月4日(同5日)の本拠地・マリナーズ戦から自身6連勝を飾った。2か月半、負けなしとなった。

 本塁打、打点のタイトルを争うゲレーロJr.は初回2死から左前打を許したものの、4回無死二塁は空振り三振。6回1死は四球だった。2打数1安打1四球に抑えた。

 バットでは初回先頭で打球速度112マイル(約180.2キロ)の左中間二塁打を放ち、2回1死二塁では四球を選んで1イニング4得点の猛攻に貢献した。打撃のタイトル争いは38本塁打で両リーグトップのまま。84打点は88打点でトップのゲレーロJr.と4点差でリーグ4位となった。

(Full-Count編集部)

SPOZONE

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY