大谷翔平が“快足”一塁内野安打 米メディア感嘆「アメージング」「とっても速い」

一塁内野安打を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
一塁内野安打を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

名物解説グビザ氏「あのスピードで一塁を駆け抜けられたら…」

■エンゼルス ー アストロズ(日本時間16日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は15日(日本時間16日)、本拠地・アストロズ戦で「1番・指名打者」で先発出場し、初回の第1打席で一塁内野安打を放った。快足で6試合連続安打。地元放送局バリースポーツ・ウエストも盛り上がった。

 初回先頭。一塁へ飛んだ打球でベースカバーに入った右腕マッカラーズJr.と競争になった。右腕は一塁・グリエルの高く浮いた送球を捕球したが、一塁ベースを踏み切れず。大谷は素早く一塁を駆け抜け、記録は「一塁内野安打」となった。地元放送局の実況リッチ・ワルツ氏が「内野安打です。オオタニにはスピードがありますね」と切り出すと、名物解説マーク・グビザ氏は賛辞の言葉を並べた。

「あのようなスピードで一塁を駆け抜けられたら、一塁手は素早く送球せざるを得ません。彼の走る姿を見るのはアメージングです」

 AP通信のグレッグ・ビーチャム記者も「ショウヘイはとっても速い」と称えた。得点にはつながらなかったが、1番スタメンで6戦連続安打と結果を出している。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY