大谷翔平、独走40号直後に「トリプル100」達成 100K&100投球回&100安打以上

エンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
エンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

メジャー自己最長の8回を投げ終えて到達、今季8勝目を挙げる

■エンゼルス 3ー1 タイガース(日本時間19日・デトロイト)

 エンゼルスの大谷翔平は18日(日本時間19日)、敵地でのタイガース戦に「1番・投手」で先発出場。8回まで投げ終わった段階でシーズン100投球回に到達。100奪三振以上、さらに打者として100安打以上をすでにマークしており「トリプル100」を達成した。8回6安打1失点で降板し、今季8勝目を挙げた。

 この日までシーズン92投球回だった大谷。初回に1死一、二塁のピンチを招くも、味方野手の好守もあって併殺で無失点に。その後はテンポ良くアウトを重ね、5回にソロを被弾したものの、省エネ投球でメジャー自己最長の8回まで投げ切り、100イニングに達した。奪三振数は8回の段階で120個を重ねた。打者28人に対し、6安打1失点で防御率2.79になった。

 その直前の8回先頭で迎えた第4打席では、両リーグ最速の大台到達となる40号ソロをマーク。打球速度は110.1マイル(約177.2キロ)、飛距離430フィート(約131.1メートル)の豪快アーチで、シーズン打者としても110安打目となった。本塁打争いで2位のブルージェイズ・ゲレーロJr.に5本差をつけ、キングを独走。4打数1安打で打率.269となった。

(Full-Count編集部)

SPOZONE

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY