大谷翔平、独走40号に自信「大きいこと」 8勝目には「四球なかったのが1番」

会見に臨んだエンゼルス・大谷翔平(画像はスクリーンショット)
会見に臨んだエンゼルス・大谷翔平(画像はスクリーンショット)

エンゼルスの左打者として球団新記録の40発、ゲレーロJr.に5本差

■エンゼルス 3ー1 タイガース(日本時間19日・デトロイト)

 エンゼルスの大谷翔平投手は18日(日本時間19日)、敵地でのタイガース戦に「1番・投手」で出場し、メジャー4年目にして自己最長となる8回を投げ、6安打8奪三振無四球の1失点で今季8勝目を挙げた。さらに打者としても、8回の第4打席で40号ソロ。真骨頂を見せた二刀流は、試合後会見で「四球がなかったので、そこが1番良かったことです」とうなずいた。

 初回1死一、二塁のピンチを招くも、野手の好守もあって併殺に。5回はカストロにソロを被弾したが、最少失点で切り抜けた。テンポのいい投球で、イニングを重ね、メジャー自己最多を8回を終えた段階で90球だったが、最後は守護神イグレシアスにマウンドを譲った。打者28人に対し、6安打8奪三振1失点。防御率2.79になった。

 8回での降板に「十分ということはないですけど、6回から思い切りいっていたので。(イグレシアスと)どちらがいっても勝つ可能性はあったかなと思います」と話した。これで6試合連続でクオリティスタート(6回以上で自責点3以下)を達成。さらに、6月4日(同5日)のマリナーズ戦で2勝目を挙げて以降、2か月半負けなしで、自身7連勝となった。好投の要因として「四球が少ないので、そこが一番。慣れてないマウンドでもアジャストできるのは最近はいいかなと思います」と挙げた。

 ちょうど8回を投げ終えた段階で、シーズン100投球回に到達。100奪三振以上、打者として100安打以上を含めた「トリプル100」も達成した。またひとつ偉業を積み重ねても謙虚で「個人的にはまだまだリハビリの中。まだまだ改善するところは多いかなと思います」と語った。

 打者としては、3打席凡退で迎えた8回先頭の第4打席、真ん中に入ってきたスライダーを完璧に捉え、右翼スタンドに運んだ。本塁打王争いで、2位のブルージェイズ・ゲレーロJr.に5本差をつけ、キングを独走。打球速度は110.1マイル(約177.2キロ)、飛距離430フィート(約131.1メートル)。打点も87となり、リーグトップに2差と肉薄した。

 エンゼルスの左打者としてシーズン40発は、1982年のレジー・ジャクソンを抜く球団新記録に。大台到達については「まだ終わってはいないので。30台から40台に行くのは大きいこと。あまり気負うことなく打席を作れればと思います」と強調した。

(Full-Count編集部)

SPOZONE

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY