大谷翔平の独走40号に「言葉失う」 二刀流での快挙に米メディアも衝撃隠せず

40号ソロを放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
40号ソロを放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

敵地タイガース戦の8回に4試合ぶりアーチ

■エンゼルス 3ー1 タイガース(日本時間19日・デトロイト)

 エンゼルスの大谷翔平投手は18日(日本時間19日)の敵地タイガース戦に「1番・投手」で先発出場。8回の第4打席で4試合ぶりとなる今季40号ソロを放った。両リーグ最速で節目に到達し、本塁打王争いでもア・リーグ2位のブルージェイズ・ゲレーロJr.に5本差。メディアは一斉に驚きの言葉を放った。

 米放送局CBSスポーツのダニー・ビエッティ記者は「40本塁打。防御率2.82。こんなこと今まで見たことがない」とツイート。さらに「ショウヘイ・オオタニが今季これから1試合もプレーできなくなったとしても、それでも私は彼にMVPを与える」と今季のMVP受賞を確実視している。

 デトロイトの地元局「WXYZデトロイト」のディレクター・ブラッド・ガリ氏も「ショウヘイ・オオタニが今季40号本塁打を打った。彼は今日の先発投手だ。なんてスターだ」とつぶやいた。投打二刀流で敵地に与えた衝撃も相当のようだ。

 さらにKFHラジオの司会者ボブ・ルッツ氏も「オオタニは言い表すことができない。私たちの頭脳は彼の素晴らしさを理解するようにはできていない。称賛だけでは不十分だ。言葉を失う」と続いた。

(Full-Count編集部)

SPOZONE

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY