大谷翔平の独走40号は「桁外れ」 8勝目の二刀流に指揮官「称えなければ」

会見に臨んだエンゼルスのジョー・マドン監督(画像はスクリーンショット)
会見に臨んだエンゼルスのジョー・マドン監督(画像はスクリーンショット)

本塁打王レース独走、自己最長イニング投げ勝ち星はチーム単独1位

■エンゼルス 3ー1 タイガース(日本時間19日・デトロイト)

 エンゼルスの大谷翔平投手は18日(日本時間19日)の敵地タイガース戦に「1番・投手」で先発出場し、8回の第4打席で4試合ぶりとなる今季40号ソロを放った。両リーグ最速で節目に到達し、本塁打王争いでもア・リーグ2位のブルージェイズ・ゲレーロJr.に5本差。さらに投手としても8回1失点、8奪三振でチーム単独トップの8勝目。ジョー・マドン監督は「彼を称えなければ」と賛辞を連発した。

 試合後の指揮官は雄弁だった。米国での自己最長となる8回を投げた大谷について「尻上がりに調子を上げていったね。三振は何個取ったかな? 8個? 序盤は三振を狙っていなかったが、徐々に調子を上げていった。最後には、今後休みを与えるかもしれないぐらいかなり疲れていたけど、どんどん良くなっていった。失投でホームランを打たれてしまったが自ら取り返したね」と激賞した。

 さらに打撃でも8回、先頭で打席に入り右越えに本塁打。「ライトへの桁外れの一発でね。彼を称えないといけない。高いレベルで競い合い、高いレベルで準備する。ユニークなアスリートだ。彼を見られるのは特別なことだよ」。チームも勝利し61勝61敗で勝率5割に。笑いが止まらない様子だ。

 投手・大谷はこの日、投じた90球中実に69球がストライク。「制球が非常に良く、スプリットもいつもより良く決め球になっていた。変化球は常に良く、速球も欲しい時に球速が出ていた。フォームも良かった。他になにが言えるかな? 彼にとって非常に良い夜だった」とした。さらにブルペン陣に休みを与えられたことに「私たちが求めていたことだ」と感謝した。

 また、初の完投も狙える球数で降板させたことについて「疲れ切っていたからね。行かせてくれと主張するなら9回もマウンドに上げていただろうが、彼はその前の2イニングでかなり奮闘していた。彼が高いレベルで打ち、走っていることを忘れてはいけない」と、熱投を見せた大谷を気遣っていた。

(Full-Count編集部)

SPOZONE

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY