前田健太、右前腕の張りでセカンドオピニオン取得へ 指揮官「じっくり話をする」

ツインズ・前田健太【写真:AP】
ツインズ・前田健太【写真:AP】

22日ヤンキース戦で5回途中降板、24日に右前腕の張りで負傷者リスト入りした

 右前腕の張りで10日間の負傷者リスト(IL)入りした前田健太投手が、25日(日本時間26日)にセカンドオピニオンを受けると地元紙「パイオニア・プレス」のツインズ番ベッツィー・ヘルファンド記者が伝えた。ロッコ・バルデリ監督が「必要な情報が全て集まったら、じっくり話をすることになる。間違いなく今回の件に関してケンタの意見は非常に重要になる」と話したという。

 前田は21日(同22日)の敵地・ヤンキース戦で先発したが、4回1/3を4安打5失点して降板、試合後、バルデリ監督は「ケンタは前腕に張りを感じたと言っていた。今シーズン通して起きていること。1、2日休んで戻る状況でない」と説明。23日(同24日)に今季2度目のIL入りとなっていた。今季は21試合登板し6勝5敗、防御率4.66。

(Full-Count編集部)

SPOZONE

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY