澤村拓一、7回途中から救援で2試合ぶり無失点 1/3回を1安打1四球、防御率3.15

ツインズ戦に登板したレッドソックス・澤村拓一【写真:AP】
ツインズ戦に登板したレッドソックス・澤村拓一【写真:AP】

二塁打と敬遠四球で一、二塁のピンチもサノを遊ゴロに打ち取った

■Rソックス ー ツインズ(日本時間26日・ボストン)

 レッドソックスの澤村拓一投手は25日(日本時間26日)、本拠地で行われたツインズ戦の7回途中から3番手で救援登板。1/3回を投げて1安打1四球無失点だった。防御率3.15。

 澤村は4点ビハインドの7回2死走者なしの場面で今季49試合目のマウンドへ。ドナルドソンにいきなり左越え二塁打を許した。打球を捕球した左翼からボールは二塁へ渡り、二塁塁審はアウトの判定だったがチャレンジによってセーフ判定に覆った。

 続くアラエスを申告敬遠で歩かせて一、二塁とした。しかし、続くサノを91.2マイル(約147キロ)のスプリットで遊ゴロに仕留めてピンチを脱した。前日のツインズ戦では2/3回を2安打2失点だった澤村。2試合ぶりの無失点投球となった。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY