筒香嘉智、攻守でハッスル連発 “激走”適時三塁打、初の右翼守備でフェンス越え

三塁打を放ったパイレーツ・筒香嘉智【写真:Getty Images】
三塁打を放ったパイレーツ・筒香嘉智【写真:Getty Images】

「6番・右翼」で2試合ぶりに先発出場、右翼守備はメジャー移籍後初めて

■カージナルス 4ー3 パイレーツ(日本時間28日・ピッツバーグ)

 パイレーツの筒香嘉智外野手は27日(日本時間28日)、本拠地のカージナルス戦で「6番・右翼」で2試合ぶりに先発出場し、5回の第2打席で中越え適時三塁打を放った。3打数1安打1打点1四球で打率.189。チームは3-4で競り負けた。

 勝負強さを見せた。3点を追う5回無死二塁、通算130勝左腕・ハップのスライダーを中越えへ。一気に二塁ベースを蹴り、適時三塁打とした。三塁打は今季初でメジャー通算2本目。2試合ぶりのスタメンで首脳陣の期待に応えた。2回1死一塁は遊直、6回2死一、二塁は四球、8回1死一塁は一ゴロ併殺打だった。

 メジャーで初めて守る右翼ではハッスルプレーを見せた。4回、右翼線へのファウルボールを追ったが捕球できず。そのまま体ごとスタンドインする場面があった。地元ファンから拍手と歓声が送られた。攻守で存在感を見せた。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY