スタンドに響く大谷翔平の悶絶…ボール直撃に米悲鳴「やめろ、やめろ、やめてくれ!」

右手首付近に投球を受けたエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
右手首付近に投球を受けたエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

初回の第1打席、約150キロの投球が右手首付近を襲う

■エンゼルス 10ー2 パドレス(日本時間29日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は28日(日本時間29日)、本拠地でのパドレス戦で二盗を決め、球団史上初となる「40本塁打&20盗塁」に達した。一方で、初回の第1打席では右手首付近に投球が直撃し、悶絶する場面も。一瞬、血の気がひいた瞬間に「ノーノーノー!」「やめろ、やめろ、やめてくれ!」と米ファンの悲鳴がこだました。

 初回無死一塁で、2ストライクからの4球目だった。内角高めにきた93マイル(約149.7キロ)のフォーシームに対し、バットを振りにいった大谷の右手首付近に直撃。「あぁ!」と声をあげて苦悶の表情を浮かべ、場内は騒然。スイングしたと判断され、結果は空振り三振だった。

 大事には至らなかったようだが、FOXスポーツの公式ツイッターがそのシーンを公開するとファンからは心配の声が続々。「しかも右手に? なんてこった」「頼む、やめてくれ」「なんとしても彼のことを守れ。私の手を使ってくれていいから」などとコメントが寄せられていた。大の大谷ファンとして知られるFOXスポーツのアナリスト、ベン・バーランダー氏も「ノーーー! ショウヘイ・オオタニの投げる方の手に決して当てるな!」と憤慨していた。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY