DeNAが宮國椋丞と支配下選手契約、背番号は65 「活躍できるよう腕を振っていきたい」

DeNA・宮國椋丞(写真は入団会見時)【写真提供:横浜DeNAベイスターズ】
DeNA・宮國椋丞(写真は入団会見時)【写真提供:横浜DeNAベイスターズ】

今季2軍成績は4勝3敗1セーブ、今月28日に古巣相手に6回無失点と好投

 DeNAは30日、宮國椋丞投手と支配下選手契約を結ぶと発表した。29歳の宮國は昨年オフに巨人から戦力外通告を受け、今年3月にDeNAと育成契約。今季は2軍で20試合登板、4勝3敗1セーブ、防御率4.85の成績を残していた。背番号は「106」から「65」に変更される。

 宮國は「率直に嬉しい気持ちです。これまで携わっていただいた全ての方に感謝したいです。横浜DeNAベイスターズの一員になれるチャンスを頂け、チームの勝利に貢献しなくてはいけない立場だと思うので、一試合でも多く活躍できるよう腕を振っていきたいです」と球団を通じてコメントを発表した。

 沖縄・糸満高から2010年ドラフト2位で巨人に入団。入団3年目の2013年に開幕投手を務めるなど、昨年までに205試合登板で21勝21敗1セーブ、19ホールド、防御率3.59をマークした。昨年オフに戦力外通告を受け、今年3月にDeNAと育成選手契約を結んだ。

 支配下登録への“最終テスト”の位置づけとなった8月28日のイースタン・リーグ巨人戦で6回を6安打無四球無失点の好投。今月31日の登録期限を前に古巣相手に見せた好投が大きなアピール材料になったようだ。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY