有原航平、9・2メジャー復帰へ会見 3か月離脱で「やらないといけない気持ち強い」

レンジャーズ・有原航平【写真:AP】
レンジャーズ・有原航平【写真:AP】

「1日でも早く戻りたい気持ちだけでずっとやってきた」

 5月に右肩の動脈瘤手術を受けたレンジャーズ・有原航平投手が30日(日本時間31日)、報道陣の取材に応じた。9月1日(同2日)の本拠地・ロッキーズ戦での復帰へ向け、「今は本当に気になることはなくて万全です。やらないといけない気持ちが強い。本当にそれだけかなと思います」と意気込みを語った。

 有原は22日(同23日)に傘下2Aフリスコで術後初めて登板。27日(同28日)に傘下3Aラウンドロックでリハビリ登板を終え、メジャー復帰となる。「1日でも早く戻りたい気持ちだけでずっとやってきた。チームに帯同させていただいたので、野球から離れることなく、チームの雰囲気を感じながら、この3か月を過ごせたかなと思います」。時々笑みを浮かべながらの会見となった。

 今季はここまで7試合登板し、2勝3敗、防御率6.59となっている。シーズン残り1か月。「(再発は)なることはないと言われたので、もう心配していないです。(来季へ)自分の中で打ち取れるパターン。試合で投げてないので、来季へ手応えを得られるようにしたいと思います」と来季も見据えていた。

(盆子原浩二 / Koji Bonkobara)

SPOZONE

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY