「驚くしかない」「見たことない」 大谷翔平の131m42号にマドン監督は驚き

試合後の会見に臨んだエンゼルスのジョー・マドン監督(画像はスクリーンショット)
試合後の会見に臨んだエンゼルスのジョー・マドン監督(画像はスクリーンショット)

マドン監督「あそこまで飛んだ打球を1度も見たことがない。1度たりともね」

■エンゼルス 8ー7 ヤンキース(日本時間31日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は30日(日本時間31日)、本拠地・ヤンキース戦で「2番・指名打者」で先発出場し、5回の第3打席で一時勝ち越しとなる42号ソロを放った。チームは8-7で競り勝って2連勝。飛距離431フィート(約131.4メートル)の特大弾。試合後、ジョー・マドン監督は「あそこまで飛んだ打球を1度も見たことがない。1度たりともね」と驚愕した。

 特大アーチは同点に追いつかれた5回先頭。今季途中まで同僚だった左腕ヒーニーから両リーグ最多42号ソロをかっ飛ばした。軽々と右翼フェンスを越えるムーンショット。「431フィート(約131.4メートル)だと聞いた。そういうことに興味はないが、驚くしかない。数字以上に飛んでいるように見えた」と続けた。

 本塁打王争いではリーグ2位で38本のロイヤルズ・ペレス、ブルージェイズ・ゲレーロJr.に4本差をつけた。シーズン51発ペース。右手に150キロ直球を受けて痛みが引かずに31日(同9月1日)の本拠地・ヤンキース戦の登板を回避したが、打者・大谷は健在だ。チームも強力ヤンキース打線に打ち勝った。地区優勝、ポストシーズン争いを繰り広げるヤンキースにとっては、手痛い1敗となった。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY