大谷翔平には「投打で準備する能力がある」 357億円コールが力説した魅力

エンゼルス・大谷翔平(左)とヤンキースのゲリット・コール【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷翔平(左)とヤンキースのゲリット・コール【写真:Getty Images】

2日エンゼルス戦で先発する、大谷には「ナックルボールは投げないよ」

 ヤンキースのゲリット・コール投手が1日(日本時間2日)、今季14勝目を目指して敵地・エンゼルス戦で先発する。8月31日(同1日)の試合前にオンライン会見に応じ、エンゼルス・大谷翔平投手を改めて称賛した。

 両リーグ最多42本塁打を放ち、投手としても8勝をマーク。1918年ベーブ・ルース以来103年ぶりの「2桁本塁打&2桁勝利」がかかっている。以前から大谷ファンを公言する剛腕・コールには、何が魅力的に感じるのか。それは準備を惜しまないことだと力説した。「投打両方をする上で、(事前に)準備する能力がある。そして間違いなく、それを楽しんでいる」。

 大谷とは本拠地で8月16日に対戦し、空振り三振、右飛、右飛に抑えた。通算でも14打数3安打の打率.214、打点なしと封じている。「明日、大谷に投げない球種は?」と問われ、「彼にはこれ以上アドバンテージ(有利になるもの)は必要ないよ。分かってくれるかい? ナックルボールは投げないよ」。2019年オフに9年総額3億2400万ドル(約357億5000万円)でヤンキース入りした剛腕は、こうジョークを飛ばした。

(Full-Count編集部)

SPOZONE

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY