大谷翔平、43号3ラン被弾の左腕が悔やむ 「もっと良い球を投げ切る必要が…」

試合後の会見に臨んだコルビー・アラード(画像はスクリーンショット)
試合後の会見に臨んだコルビー・アラード(画像はスクリーンショット)

大谷に43号3ランを浴びた左腕アラード「今年の活躍は本当に特別なことだね」

■エンゼルス 4ー1 レンジャーズ(日本時間5日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は4日(日本時間5日)、本拠地・レンジャーズ戦に「2番・指名打者」で先発出場。6回に試合を決定付ける特大の43号3ランを放った。痛恨の一発を浴びた左腕アラードは「オオタニに対してはもっと良い球を投げ切る必要があった」と悔やんだ。

 大谷は打った瞬間にスタンドインを確信した。1点リードの6回。無死一、二塁で迎えた第3打席で左腕アラードから右翼席中段に突き刺さる43号3ランを放った。

 甘く入ったカットボールを痛打されたアラードは試合後に「オオタニに対してはもっと良い球を投げ切る必要があった。間違いなくあれは失投だった」と振り返っていた。今季は投手として9勝をマークし、打っても両リーグトップの43本塁打と投打でトップレベルの活躍を見せる大谷に「今年の活躍は本当に特別なことだね」と賛辞を送っていた。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY