大谷翔平も苦笑いの「酷い判定」 疑惑ストライクにファン不満「ロボット審判が必要」

第3打席で見逃し三振に倒れ悔しがるエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
第3打席で見逃し三振に倒れ悔しがるエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

確信を持って見逃したがストライク、大谷も不服そうに天を仰ぐ

■レンジャーズ 4ー0 エンゼルス(日本時間7日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手が6日(日本時間7日)、またもや疑惑の判定に泣かされた。本拠地でのレンジャーズ戦に「2番・DH」で先発出場。第3打席には、フルカウントから外角低めの直球をストライクと判定され、見逃し三振に。大谷自身も思わず不服の苦笑いを見せたこの1球に、ファンも「MLB審判はオオタニのこと好きじゃないのかな」などと不満が噴出している。

 6回2死での第3打席。レンジャーズの新人右腕・アレクシーがフルカウントから投じた直球は、外角低めに外れたように見えた。大谷は四球を確信したように見逃したが、ストライクの判定。不服そうに天を仰ぎ、苦笑いを浮かべた。この日は4打数無安打に終わり、チームもゼロ封負けを喫した。

 大谷は今季、再三に渡って誤審疑惑に遭遇しており、ファンも同情や怒りを露わ。「オオタニはストライクゾーンから外れる球で何度も三振になっている」「今季で800万回目だが、ボール球を審判にストライク判定されアウトになるオオタニ!!!」「オオタニがまた酷い判定で三振に。ロボット審判が必要だ」とのコメントが見受けられた。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY