有原航平「悔しいですね」 勝利投手まであと1死で降板し142日ぶり白星ならず

Dバックス戦に先発したレンジャーズ・有原航平【写真:AP】
Dバックス戦に先発したレンジャーズ・有原航平【写真:AP】

「四球を出した打者をなんとか抑えないといけない」

■レンジャーズ 8ー5 Dバックス(日本時間9日・フェニックス)

 レンジャーズの有原航平投手は8日(日本時間9日)、敵地でのダイヤモンドバックス戦に先発し、5回途中2失点で3勝目はならなかった。勝利投手まであと1死のところで四球を与えて降板となり「悔しいですね」と口にしていた。

 初回を3者凡退に封じて上々の立ち上がりを見せた有原。2回先頭のペラルタにソロ本塁打を浴びるなど、この回2点を奪われた。4回に味方打線が一気に3点を奪って逆転に成功したが、勝利投手の権利目前の5回にピンチが。先頭のバーショに二塁打を浴びると、2死三塁からロハスに四球を与え、一、三塁となったところで交代を告げられた。

 有原は4回2/3を投げて4安打2失点。4月19日(同20日)のエンゼルス戦以来、142日ぶりとなる3勝目はならず、試合後の会見では「もちろん悔しいですけど、あの状況でも任せて投げさせてもらえた。四球を出した打者をなんとか抑えないといけないので、そこが1番悔しいですね」と語った。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY