ダルビッシュ、大谷翔平との初対決ならず「拍子抜け」 6回1失点で79日ぶり8勝目

エンゼルス戦に先発したパドレス・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】
エンゼルス戦に先発したパドレス・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】

「全部真っ直ぐでいく準備できていたんですけど…」

■パドレス 8ー5 エンゼルス(日本時間9日・サンディエゴ)

 パドレスのダルビッシュ有投手は8日(日本時間9日)、本拠地のエンゼルス戦で79日ぶりの白星となる今季8勝目をマークした。6回を投げて1失点。大谷翔平投手との初対決は実現せず「出てこなかったので拍子抜けしました」と苦笑いで振り返った。

 試合後のテレビインタビューで「何も考えないで投げたことがなかったけど、今日は自分の感覚に任せて投げました」と語ったダルビッシュは、初回からエンジン全開。3者連続で見逃し三振を奪うと、2回1死一、三塁のピンチでは右翼タティスJr.が本塁への好返球で失点を阻止。バックにも盛り立てられた。

 大量8点を先取した3回を3者凡退に封じると、6回まで99球を投げて3安打7奪三振1四球で1失点。6月21日(同22日)の本拠地・ドジャース戦以来79日ぶりの勝ち星を挙げ「すごく自由に投げることができて、感覚もすごくよかった」と手応えを口にした。メジャー通算79勝は黒田博樹に並び日本人歴代2位となった。

 この日は大谷翔平投手との初対決の実現が期待されたが、大谷に出番はなし。対戦を楽しみにしていたダルビッシュは「来るもんだと思ってましたし、全部真っ直ぐでいく準備できていたんですけど、出てこなかったので拍子抜けしました」と苦笑いを浮かべていた。

(Full-Count編集部)

SPOZONE

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY