あと1死でスルリと逃げた「巨人戦3連勝」 DeNAが克服すべき“恐怖症と詰めの甘さ”

現時点での起用法変更は否定「状態が上がるように考えていきます」

 それでも三浦監督は「やり返すつもりでマウンドに上がってくれている。払拭する場所はマウンドしかない。投げてもらわないと困るピッチャーなので、投手コーチとも話し合いながら、状態が上がるように考えていきます」。現時点で起用法の変更は否定した。

 攻撃でも詰めの甘さも露呈した。追いつかれたその裏の攻撃で無死一、二塁のサヨナラ機をつくったが、途中出場の関根大気外野手はカウント0-1からのバントがファウルに。続く3球目もバントを空振り。結局、強攻に切り替えたものの三飛に倒れ、後続も断たれた。指揮官は「送るところでしっかり送らないと。ミスで点に結びつけられなかったですね」と猛省を求めた。

 3連戦を通してみれば、Aクラスが遠いDeNAが優勝争いの真っ只中にいる巨人を圧倒して2勝1分け。開幕直後に最下位に低迷していた頃に比べれば、先発投手陣の安定感が増し、チーム力がアップしているのは間違いない。打線の破壊力はもともと12球団随一。ただ、上位進出の可能性を感じさせる一方で、残された課題も痛感させられた3連戦だった。

(宮脇広久 / Hirohisa Miyawaki)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY