菊池雄星は5回1失点で降板、8奪三振も勝敗つかず 8月3日以来1か月以上白星なし

Dバックス戦に先発したマリナーズ・菊池雄星【写真:AP】
Dバックス戦に先発したマリナーズ・菊池雄星【写真:AP】

絶好の立ち上がり見せるも…中盤に被安打重なる

■Dバックス 5ー4 マリナーズ(日本時間13日・シアトル)

 マリナーズの菊池雄星投手は12日(日本時間13日)の本拠地ダイヤモンドバックス戦に先発し、5回まで投げ1失点、被安打6、8奪三振の内容で降板した。勝敗はつかず7勝8敗、防御率4.23。試合はマリナーズが終盤追い上げたものの4-5で敗れた。

 1回、2回と2つずつの三振を奪い、3人で終える絶好の立ち上がりをみせたものの、3回1死三塁からバンメーターの適時打で先制を許した。無失点の4回、5回も、2安打ずつを許す不安定な投球となってしまった。1-1の同点で降板したが6回、後続がつかまりダイヤモンドバックスが3点を奪い勝ち越し、これが決勝点となった。

 菊池は6日(同7日)のアストロズ戦で1回2/3、6失点(自責4)で降板して以来の先発。8月3日(同4日)のレイズ戦で7勝目を挙げて以来、1か月強に渡って白星がない。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY