阪神、俊介が今季限りでの現役引退を発表 「あっという間で楽しい野球人生でした」

阪神・俊介【写真:荒川祐史】
阪神・俊介【写真:荒川祐史】

通算849試合に出場、打率.249、9本塁打86打点28盗塁

 阪神は16日、俊介外野手が今季限りで現役を引退することを発表した。西宮市内で会見が行われ「本当にあっという間で、楽しい野球人生でした」と12年間の現役生活を振り返っていた。

 俊介は2009年にドラフト5位指名を受け阪神に入団。俊足と守備範囲の広さを活かしルーキーイヤーの2010年に124試合に出場するなど、ここまで849試合に出場、打率.249、9本塁打86打点28盗塁の成績を残していた。

 引退を決断した理由については「ここ2年、ずっと肩の状態が悪くて、守備にろくに就けない状態でした。自分の中で守備を抜かしてしまうと野球ではないと思っていたので、そこが大きな理由です」とコメント。

 プロ12年間で1番印象に残っているシーンには「プロ1年目に自分の誕生日にホームランを打ったことでしょうか。皆さんにおめでとうと言っていただきましたし、良かった一打だったと思います」と振り返っていた。

(Full-Count編集部)

朝日新聞スポーツシンポジウム

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY