ダルビッシュ、黒田博樹超えの通算80勝の権利持ち降板 日本投手単独2位へ7回9K無失点

カージナルス戦に先発したパドレス・ダルビッシュ有【写真:AP】
カージナルス戦に先発したパドレス・ダルビッシュ有【写真:AP】

3回までパーフェクト投球、4回と6回は無死一、二塁のピンチを断ち切る

■カージナルス ー パドレス(日本時間19日・セントルイス)

 パドレスのダルビッシュ有投手が18日(日本時間19日)、敵地で行われたカージナルス戦に先発し、96球を投げて7回を3安打9奪三振1四球無失点。ヤンキースなどで活躍した黒田博樹氏を超えて日本投手単独2位となるメジャー通算80勝目、今季9勝目の権利を得て降板した。

 今季16勝を挙げている40歳右腕・ウェインライトとの投げ合いとなった一戦で、ダルビッシュは3回まで1人も走者を出さない圧巻の立ち上がり。4回はエドマンに右前打、ゴールドシュミットに四球を与え無死一、二塁のピンチを招いたが、オニール、アレナドを連続三振。モリーナも左飛に打ち取って無失点でしのいだ。

 6回には2本の安打で無死一、二塁とされたがゴールドシュミット、オニールを連続三振。アレナドを遊ゴロに仕留めてピンチを脱した。

 8日(同9日)のエンゼルス戦で6回1失点で79日ぶりとなる8勝目をあげ、通算79勝目をあげたダルビッシュ。しかし、13日(同14日)の前回登板はジャイアンツを相手に自己ワーストタイの4本塁打を喫して4回6安打8失点で今季10敗目を喫していた。

(Full-Count編集部)

SPOZONE

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY