大谷翔平、2連続敬遠でも“全開笑顔シーン”に注目 ファンは不満「信じられない」

「3番・DH」で先発したエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
「3番・DH」で先発したエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

延長10回のサヨナラ機、2ボールになるとすかさず申告敬遠

■アストロズ 9ー5 エンゼルス(日本時間23日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は22日(日本時間23日)、本拠地でのアストロズ戦に「3番・指名打者」で出場し、自身最多の1試合4四球と勝負を避けられて2試合ぶりの無安打に終わった。延長10回のサヨナラ機では、2打席連続の申告敬遠に。バットを投げて少々不満げな仕草も見せたが、すぐさま笑顔を見せて一塁へ。大人の対応を見せたが、ファンは「これは恥知らず」「信じられない」と相手への怒りの声が収まらないようだった。

 5-5で迎えた延長10回無死二塁。大谷に対して2球連続でボールとなると、アストロズベンチはすかさず申告敬遠を指示した。本拠地の大声援は一転、大ブーイングに。全く勝負してもらえない状況に、バットをくるりと放り上げた大谷。ただ、即座に切り替えたのか、笑みを見せて一塁へ走って向かった。

 バットを振ることができなければ、本塁打も出るはずがない。このシーンを地元放送局「バリー・スポーツ・ウエスト」の公式ツイッターが動画で公開すると、ファンからは不満の声が続出。「敬遠をなくせ! これは一生に一度のシーズンなのにそれに敬遠するのか?」「彼に公平なチャンスを与えてあげて」「ストライクを投げて」などとコメントが寄せられていた。

(Full-Count編集部)

SPOZONE

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY