Wソックスが13年ぶりア・リーグ中地区制覇 ラルーサ監督は通算13度目の地区優勝

ア・リーグ中地区優勝を果たしたホワイトソックス【写真:AP】
ア・リーグ中地区優勝を果たしたホワイトソックス【写真:AP】

インディアンスとのダブルヘッダー第1試合に勝ち優勝を決めた

■Wソックス 7ー2 インディアンス(日本時間24日・ダブルヘッダー第1試合・クリーブランド)

 ホワイトソックスは23日(日本時間24日)、敵地で行われたインディアンスとのダブルヘッダー第1試合に勝ち、2008年以来、13年ぶりとなるア・リーグ中地区優勝を果たした。MLB公式サイトなども一斉に伝えた。

 初回にアンダーソンのソロで先制したホワイトソックス。2回にはロベルト、ヒメネスの2者連続本塁打、アンダーソンの2打席連続本塁打と1イニング3本塁打で大量6点を奪ってリードを広げてインディアンスに快勝。今季86勝66敗とし、地区優勝を決めた。

 MLB公式サイトによると、ホワイトソックスを率いるトニー・ラルーサ監督は、監督として13度目の地区優勝。ポストシーズンでは7度目のリーグ優勝、4度目のワールドシリーズを目指す事になる。

 この試合で2本塁打を放ったアンダーソンは「ポストシーズンが始まったら、この勢いを維持して進んでいきたい。私たちは全員これがただのスタートだと分かっている。これを祝福したらそのことは忘れて前に進んでいくよ。なにか特別なことができたらいいなと思っている」とコメントしていた。

(Full-Count編集部)

SPOZONE

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY