大谷翔平の「超音速」盗塁に“MVP”コールの熱狂 今季24個目に米メディアも大興奮

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

6回に四球で出塁すると盗塁を決めたのち勝ち越しホームを踏む

■エンゼルス 3ー2 アストロズ(日本時間24日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は23日(日本時間24日)、本拠地でのアストロズ戦で今季24個目の盗塁を決めた。2打席連続の四球で出塁すると、勝ち越しに繋がる二盗を成功。この盗塁を、米メディアは「超音速」などと表現した。

 4回の第2打席にフルカウントから変化球を見極めて四球を選んだ大谷。6回の第3打席でもフルカウントから低めのスライダーを見送り四球を選んだ。2死となってから二塁への盗塁を決めて得点圏へ。スタンドからは「MVP」コールが巻き起こった。

 2死一、二塁となり、メイフィールドの2点適時二塁打で勝ち越しのホームを踏んだ大谷。今季24個目となった盗塁をMLB公式サイトのスペイン語ツイッターは「オオタニ。超音速」と表現して動画をアップ。「バリー・スポーツ」のツイッターも「So fast、So good」とかけ「Sho fast、Sho good」と伝えていた。

(Full-Count編集部)

SPOZONE

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY