大谷翔平、7回1失点も10勝目ならず 103年ぶり偉業お預け、HRトップに1本差のまま

マリナーズ戦に先発したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
マリナーズ戦に先発したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

7回10奪三振無四球、5安打1失点と好投した、防御率3.18

■マリナーズ 5ー1 エンゼルス(日本時間27日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は26日(日本時間27日)、マリナーズとの今季本拠地最終戦で「2番・投手」で出場し、7回10奪三振5安打1失点と好投したものの、今季10勝目はならなかった。両リーグでは1918年にベーブ・ルースが記録した2桁勝利&2桁本塁打の快挙達成は3度持ち越しとなった。チームは救援陣が崩れ、1-5で力負けした。

 気迫あふれる投球だった。ポストシーズン進出を狙うマリナーズとの対決。2回から3イニング連続で3者凡退。5回1死一、二塁、6回1死一、二塁のピンチも切り抜けた。しかし、1点リードの7回、1死からケルニックに右越えへ同点ソロを被弾。7回112球を投げ、無四球5安打1失点。今季4度目の2桁10奪三振と力投したが、勝ち星には届かなかった。防御率3.18。

 打撃では6回先頭で中前打を放ち、3打数1安打。打率.258となった。両リーグ最多46本塁打のブルージェイズ・ゲレーロJr.、ロイヤルズ・ペレスにも一発は出ず、45本の大谷は1本差のままだ。

 中6日で回れば10月3日(同4日)の敵地・マリナーズ戦。103年ぶりの偉業達成をかけて、今季最終戦で先発登板するのか注目される。

(Full-Count編集部)

SPOZONE

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY