大谷翔平は「間違いなく優れた投球」 7回1失点10Kの快投に敵軍は脱帽「エグかった」

マリナーズ戦に先発したエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
マリナーズ戦に先発したエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

サービス監督「今日は厳しい戦いになるだろうと分かっていた」

■マリナーズ 5ー1 エンゼルス(日本時間27日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は26日(日本時間27日)、本拠地・マリナーズ戦で「2番・投手」で出場。7回10奪三振5安打1失点も打線の援護なく10勝目はならず。スコット・サービス監督、相手投手のゴンザレスらは「間違いなく優れた投球をしていた」と大谷を称賛していた。

 マリナーズ打線は大谷の前に7回までソロ1本の1得点と苦しめられた。降板後に一挙4点を奪い勝利を手にしたが試合後、サービス監督は「今シーズンのこれまでの投球を考えれば、今日は厳しい戦いになるだろうと分かっていた」と安堵の表情を見せた。

 7回1失点で今季10勝目をマークした左腕ゴンザレスも「どこかで突破口を見つけてくれると思っていた。ショウヘイは間違いなく優れた投球をしていた。ケルニックがいいスイングをして、流れを作ってくれた」と、大谷を称え、同点ソロを放ったケルニックに感謝した。

 この日、大谷から3三振を喫したフレイリーは「オオタニはエグかった。彼はすごかったよ。いい投球をすることは知っていた。残念ながら私たちは少ししかヒットを打てなかった」と脱帽するしかなかった。

(Full-Count編集部)

SPOZONE

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY