「パドレスは完全に崩壊した」今オフにチームを去る監督を米メディアが大胆予想

パドレスのティングラー監督(左)とダルビッシュ有【写真:Getty Images】
パドレスのティングラー監督(左)とダルビッシュ有【写真:Getty Images】

1位はメッツのルイス・ロハス監督

 メジャーリーグはレギュラーシーズンも残りわずかとなり、熾烈なプレーオフ争いを続けている。すでに来季を見据え舵を切る球団も出てきているが、米メディア「CBSスポーツ」は今オフに解任される可能性が高い監督を格付けし、メッツのルイス・ロハス監督が1位、大型補強もプレーオフ進出を逃したパドレスのジェイス・ティングラー監督が2位に入っている。

 同メディアは「苦境に立っている監督は誰か? 2021年シーズン後にクビになる可能性が最も高い監督を格付け」とのタイトルで記事を公開。1位には昨年オフに資産家のスティーブ・コーエン氏がチームを買収し、豊富な資金で大補強を行ったメッツのロハス監督が挙げられている。

 前年は地区4位タイに沈み、開幕前にはインディアンスからリンドーア、カラスコらを補強し新生メッツとして期待された。だが、頼みのデグロムが怪我で離脱、復帰予定だったシンダーガードも出遅れ、現在も5連敗中で地区3位と苦しい状況が続いている。

 記事でも「失望と呼べるシーズンの責任を絶対的に彼(ロハス監督)に追わせられるかどうかは定かではないが、責任は監督にもある。それがこの業界の一部だ」と、期待を大きく裏切ったシーズンだったことを指摘している。

 また、2位はダルビッシュ、スネルの左右エースを獲得し昨季の世界一軍団・ドジャースの対抗馬として期待されていたパドレスのティングラー監督。8月初旬まではナ・リーグのワイルドカード争いを繰り広げていたが、9月に入りプレーオフ進出が消滅しており「パドレスは完全に崩壊した。シーズンが終わるころに勝率5割を下回っているかもしれない」と厳しい見方をしていた。

(Full-Count編集部)

SPOZONE

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY