巨人・坂本勇人が通算400二塁打 史上14人目、最年少32歳10か月、最少1887試合で達成

通算400二塁打を達成した巨人・坂本勇人【写真:荒川祐史】
通算400二塁打を達成した巨人・坂本勇人【写真:荒川祐史】

DeNA戦の3回1死、京山から左翼へ

■巨人 ー DeNA(2日・東京ドーム)

 巨人の坂本勇人内野手が2日のDeNA戦(東京ドーム)の3回に二塁打を放ち、史上14人目の通算400二塁打を達成した。

 2-2の同点で迎えた3回1死一、二塁、DeNA先発の京山が投じた5球目スプリットを捉え左翼へ運んだ。勝ち越しの3点目をたたき出す貴重な一打ともなった。

 1988年12月の生まれの坂本は現在32歳10か月で、これは史上最年少での達成となる。通算最多二塁打の記録保持者は立浪和義(元中日)の487本、福本豊(元阪急)が449本で続く。

 また1887試合での達成も史上最少となる。これまでの記録は松井稼頭央(元楽天)の1913試合。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY