中日、平田良介の異型狭心症を発表「体調をみながら当日の練習メニューを決定」

中日・平田良介【写真:荒川祐史】
中日・平田良介【写真:荒川祐史】

平田は自身のインスタでも症状を報告「悲しく思っていました」

 中日は5日、平田良介外野手が名古屋市内の病院で診察を受けた結果、異型狭心症との診断を受けたと発表した。球団は「現在は、体調をみながら当日の練習メニューは決定しています」と説明。平田はこの日、自身のインスタグラムで症状について思いを綴っていた。

 発表などによると、平田は7月4日体調を崩して救急搬送された。軽いジョギングも厳しい状態が続き、さらに8月3日には運転中に顔や頭、左手首から先の痺れといった異常を感じて救急外来へ。平田は投稿で「身体は元気なのになんで野球が出来ひんのや! と悲しく思っていました」などと綴っていた。

 今季は右翼のレギュラーとして期待されるも、シーズン序盤に2軍落ち。ここまで1軍21試合に出場して打率.155。6月2日の2軍戦を最後に試合から離れ、8月24日の2軍戦で復帰していた。

(Full-Count編集部)

朝日新聞スポーツシンポジウム

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY