DeNAが大量10選手に戦力外通告 生え抜き10年目の乙坂智や、中井大介ら実績ある選手も

DeNA・中井大介(左)と乙坂智【写真:荒川祐史】
DeNA・中井大介(左)と乙坂智【写真:荒川祐史】

投手は飯塚悟史、進藤拓也投手ら7人に戦力外

 DeNAは5日、乙坂智外野手、中井大介内野手、武藤祐太投手ら10選手に対して来季の契約を結ばない旨の通知をした。

 乙坂は2011年ドラフト5位で横浜高から入団。2019年には97試合に出場するなど活躍した。しかし、今季は新型コロナウイルス感染防止対策で不要不急の外出を禁止する球団のルールに違反したとして自宅謹慎処分を科されるなど、17試合出場にとどまっていた。

 31歳の中井は2018年オフに巨人を戦力外となり、19年にDeNAに。同年は79試合出場も今季は12試合出場にとどまっている。

 他に通告されたのは齋藤俊介投手、勝又温史投手、飯塚悟史投手、進藤拓也投手、風張蓮投手、笠井崇正投手と育成のR.コルデロ投手。

(Full-Count編集部)

朝日新聞スポーツシンポジウム

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY