鷹、自力CSが消滅 マルティネス粘投&3点差でモイネロ投入も実らず、楽天と4ゲーム差

ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】

3点ビハインドの8回にモイネロを投入するも、まさかの失点…

■楽天 5ー0 ソフトバンク(6日・PayPayドーム)

 ソフトバンクは6日、本拠地・PayPayドームでの楽天戦に0-4で完敗し、自力でのクライマックスシリーズ出場が消滅した。先発のマルティネスが7回途中3失点と15試合連続クオリティスタートの粘投を見せるも、打線が全く援護できず。3位の楽天との差は4ゲームに。残り試合に全勝しても、楽天がソフトバンク戦以外で全勝すれば、勝率で上回れず、自力CSの可能性が消えた。

 先発のマルティネスはこれまで通りの好投を見せた。初回はボールがやや高く浅村、島内の連打で先制点を献上。それでも2回以降は走者を出しながらも要所を締めて、6回まで1失点と好投した。だが、打線が楽天先発の瀧中の前に残塁の山。3者凡退は5回のみ。走者は出しながらも、ホームが遠くゼロが並んだ。

 1点ビハインドの7回にはマルティネスが2死から炭谷、山崎に連打を許し、岡島には浮いたチェンジアップを右中間に運ばれて2点適時二塁打に。右腕は無念の降板となると、その後も味方打線は得点を奪えず。3点ビハインドの8回にはモイネロを投入する決死の策も繰り出したが、さらにリードを広げられる悪循環。今季12度目の零封負けで泥沼の5連敗となった。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

朝日新聞スポーツシンポジウム

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY