鷹モイネロが家族の都合で一時帰国 レギュラーシーズン中の復帰は絶望、逆転CSへ大打撃

ソフトバンクのリバン・モイネロ【写真:藤浦一都】
ソフトバンクのリバン・モイネロ【写真:藤浦一都】

6日朝に本人から申し出があり、工藤監督も了承

 ソフトバンクは7日、リバン・モイネロ投手がキューバに一時帰国すると発表した。家族の都合によるもので、この日出場選手登録を抹消された。キューバ入国後に7日間、再来日後にも10日間の自宅待機期間があるため、レギュラーシーズン中での復帰は絶望的。逆転でのクライマックスシリーズ進出のかかるチームにとっては大打撃となりそうだ。

 モイネロはソフトバンクにとって「勝利の方程式」で欠かすことのできない絶対的なセットアッパー。今季は東京五輪予選出場や怪我での離脱がありながらも、33試合に登板して1勝5セーブ14ホールド、防御率1.15の好成績を残していた。6日の楽天戦では3点ビハインドの8回に登板し、1死も取れずに降板していた。

 球団によると、モイネロから一時帰国の申し出があったのは、楽天戦前の6日朝。球団内で状況を確認し、工藤公康監督も了承し、一時帰国が決まったという。モイネロ自身、状況が回復次第、再来日する意向を示しているというものの、現状ではキューバ入国時に7日間、日本入国時に10日間の待機期間があるため、シーズン中での復帰は絶望。チームに合流するとしても、逆転での進出を狙うクライマックスシリーズ以降になりそうだ。

 モイネロは球団を通じて、以下のようにコメントを発表した。

「シーズン終盤の大切な時期にチームを離れることになってしまい、申し訳ない気持ちです。残り試合も少なくなってきましたが、今後のチームの勝利を祈っています。1日でも早くチームに戻って来れるようになることを願っていますし、その日に向けて、私が出来ることを続けていきたいと思っています」

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

朝日新聞スポーツシンポジウム

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY