「日台間の相互往来回復に」 台湾プロ野球でコロナ禍後初の日本各自治体の物産展開催

桃園国際棒球場で行われたイベントを紹介【写真提供:楽天モンキーズ】
桃園国際棒球場で行われたイベントを紹介【写真提供:楽天モンキーズ】

客足戻った楽天モンキーズの本拠地で日本物産展を開催

 台湾プロ野球(CPBL)の楽天モンキーズが本拠地とする桃園国際棒球場で9日、日本物産展が行われ、日本各地の自治体がPRブースを出展した。2年近く続くコロナ禍によって、来日観光客の姿が見られなくなって久しい。ただ“アフター・コロナ”を見据えての動きも、徐々に始まっている。

 台湾プロ野球では、観客数の上限がスタジアム収容人数の25%から50%に引き上げられた。この日の試合は、8月にリーグ戦が再開された後では最多となる4000人超が観戦した。

 その中で行われたのが、日本と台湾を結ぶ定期路線を多数持つ「タイガーエア台湾」とのコラボデー。同社の客室乗務員がダンスを披露したり、スタジアムに設置されたミニ飛行機に本物のパイロットが登場したりと、趣向を凝らしたイベントが多数行われた。

 さらに、秋田県、岩手県、茨城県、三重県、岡山県、鳥取県、島根県、高知県、佐賀県、長崎県、また桃園市の姉妹都市や友好都市でもある千葉県、香川県、宮崎県、成田市、加賀市など日本の地方自治体がブースを出展、PR活動を行った。

 楽天モンキーズの礒江厚綺氏は「日本の観光・名産品を台湾の皆さんに紹介するために、このようなイベントを定期的に行っています。台湾には日本旅行が好きな人が多いですが、コロナ禍になってからはなかなか海外旅行に行けずにいるんです。来場されたお客様も、いろんなブースに興味を持っていただけてとてもうれしい」と話す。

航空会社「タイガーエア台湾」とのコラボレーション

RECOMMEND

CATEGORY