大谷翔平、“オールMLBチーム”に先発投手&DHで最終候補入り 2部門受賞なら史上初

エンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
エンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

受賞者は24日に発表される

 今季活躍した選手をファン投票などで選ぶ「オールMLBチーム」の最終候補が10日(日本時間11日)に発表され、エンゼルスの大谷翔平投手が先発投手と指名打者部門で選出された。受賞者は23日(同24日)にMLBネットワークで発表される。

 大谷は今季リーグ3位の46本塁打を放った。登板前後の休養日を撤廃して155試合出場。初の規定打席に到達し、打率.257、100打点、26盗塁を決めた。投手では23試合登板して9勝2敗、防御率3.18。156奪三振をマークした。

「オールMLBチーム」はア・ナ両リーグの区別なくファーストチーム、セカンドチームを選ぶ。表彰は2019年に始まり、先発投手は両チームで5人ずつで救援投手は2人ずつ。捕手、内野手、指名打者は1人、外野手は3人が選出される。

 昨季は日本投手初の最多勝に輝いたカブス・ダルビッシュ有投手(現パドレス)が先発投手の「ファーストチーム」に、ツインズ・前田健太投手が「セカンドチーム」に選ばれた。日本勢2年連続受賞となるか注目される。

(Full-Count編集部)

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY