イチロー氏の打席での狙いは球種? コース? 高松商の球児に答えた打撃の秘密

高松商で今年3度目となる球児への指導を行ったイチロー氏(右)【写真:代表撮影】
高松商で今年3度目となる球児への指導を行ったイチロー氏(右)【写真:代表撮影】

「遅い球にしぼって速い球に対応することは1番、難しい技術」

 マリナーズのイチロー氏(会長付き特別補佐兼インストラクター)が12日、レクザムスタジアムで高松商(香川)で今年3度目となる球児への指導を行った。国学院久我山、千葉明徳に続く訪問。打撃練習では自ら打席に立って柵越えを放つなど、実演もして見せた。

 打撃や守備、走塁など多岐に渡って指導を行ったイチロー氏。練習の中では、生徒から狙い球についての質問も受けると「どっちかと言えば、球種だった。プロに入ってからは。高校野球の時はコースだった」と回答。「シュート、カーブ、たまにフォークを投げるピッチャーもいたけど、今みたいに変化球を投げなかった。今の高校野球(の投手の球種)はプロに近い。絞るとしたら、球種なんじゃない」と助言した。

 さらには、ボールの待ち方についての質問も。速い球を待ちつつ、遅い球に対応するのか、遅い球を待って速い球に反応するのか……。イチロー氏は「遅い球にしぼって速い球に対応することは1番、難しい技術。段階を踏まずに、追い込まれてから1番難しい変化球を待って真っすぐに対応することはできない。まずは、自分の捉えられるところでしっかり捉えられるようにしないと。真っすぐを待って、変化球対応が基本。それができないで、変化球を待って、真っすぐ対応はできない」と伝えた。

 2日間の指導を終えて生徒たちの前で挨拶したイチロー氏は「監督のひと言からこんな出会いが実現して。みんな、レベルがとても高い。センスがいい。期待しています。で、ずっとチェックしています」と声をかけ、今後の同校の活動をチェックし続けることを約束した。

 さらに、この日の打撃練習で使用したバットをプレゼント。「どこに置くかは監督にお任せしますが、これを見たら思い出すでしょう。気合を入れたい時はこれを握ってもらってもかまわないので。打っちゃ駄目だよ。僕に見られている感じがするでしょ。すごくいい雰囲気で、高松商業。応援したくなっちゃいました。多分、また、来るかもしれないですね。ありがとうございました」と語り、2日間の指導を締めくくった。

 イチロー氏が同校へ訪問を決めたのは、今夏の甲子園でイチロー氏が初めて指導した智弁和歌山に敗れた際に、長尾健司監督が「うちにもイチローさんに来てほしいなと思います」とラブコールを送ったのがきっかけ。これがイチロー氏の耳に届き、その後に長尾監督から真意と想いを伝え聞いて指導を決めたという。

(Full-Count編集部)

SPOTV

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY