鈴木誠也獲得にジャイアンツが名乗り? 米メディアが指摘する交渉の“奥の手”とは

広島・鈴木誠也【写真:荒川祐史】
広島・鈴木誠也【写真:荒川祐史】

5年総額で約68億円? マネーゲームを超える条件とは

 ポスティングシステムを利用しての大リーグ移籍を目指している鈴木誠也外野手の獲得に、ジャイアンツが乗り出す可能性が高いと米メディア「ジ・アスレチック」が指摘している。他球団との争奪戦は間違いないがこの記事は、ジャイアンツにしかない「奥の手」を挙げている。

 記事はジャイアンツ担当の記者がファンの質問に答える形で進む。「ファーハン・ザイディ(編成本部長)がセイヤ・スズキに猛アタックする可能性は?」と言う質問に「その可能性はかなり高いし、ジャイアンツは彼のことが好きです。スキルはMLBでも通用すると思っています」と答えている。

 さらに「5年総額6000万ドル(約68億2000万円)くらいの契約が妥当だと思うが、おそらく彼には多くの選択肢がある。その中から一番フィットすると思う球団を選ぶだろう」とした。

 その際、ジャイアンツには奥の手があるといい、記事は「これが大きな影響を与えるとは限りませんが、ジャイアンツには、メジャーリーグ史上初の日本生まれ日本育ちのコーチがいます」と伝えている。千葉県出身で長年ブルペン捕手を務め、来季からコーチ補佐への就任が発表されている植松泰良氏のことだ。

 記者は鈴木について、今季レッドソックスで31本塁打しているハンター・レンフロー外野手に似たパワーと強肩を兼備した選手だというスカウト評を紹介。さらに「(日本人)野手としては松井秀喜以来、最高のプレーヤー」だとしている。

 現在大リーグはロックアウト中で、労使問題が解決するまで鈴木と各球団の入団交渉もストップしている。果たして今季ナ・リーグ最多の107勝を挙げたジャイアンツで、植松氏との日本人タッグが結成されることはあるのだろうか。

(Full-Count編集部)

SPOTV

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY