大谷翔平、9戦連続出塁&決勝生還 6戦ぶり無安打も2四球で出塁率.469、エ軍は大勝

「1番・指名打者」で先発したエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
「1番・指名打者」で先発したエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

3回に四球から勝ち越し生還→1イニング5得点の猛攻に貢献

■エンゼルス 10ー4 ドジャース(オープン戦・日本時間5日・ロサンゼルス)

 エンゼルスの大谷翔平投手は4日(日本時間5日)、敵地で行われたドジャースとのオープン戦に「1番・指名打者」で先発出場した。1打数無安打で連続試合安打は「5」でストップしたものの、2四球を選んで9試合連続出塁をマーク。打率.292、出塁率.469となった。チームは2桁10得点を挙げて、2連勝を飾った。

 1番打者として躍動した。最多勝左腕ウリアスと対戦した初回先頭、3回無死と2打席連続四球で出塁。3回無死一塁ではダフィーの右前打で一気に三塁へ進塁し、レンドンの中前適時打で勝ち越し生還した。1イニング5得点の猛攻に貢献した。

 4回先頭では3番手右腕ゴンソリンに低めスライダーに空振り三振。5回に代打を送られて途中交代となった。試合前には異例の2日連続でブルペン入り。約20球を投げ、7日(同8日)のアストロズとの開幕戦へ調整を進めた。練習中に、昨季途中まで同僚だったドジャースのアンドリュー・ヒーニー投手と談笑する場面もあった。

(Full-Count編集部)

SPOTV

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY