大谷翔平、初の開幕投手で今季初黒星 5回途中9K1失点好投も4打席凡退…エ軍惜敗

アストロズとの開幕戦に「1番・投手兼DH」として先発したエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
アストロズとの開幕戦に「1番・投手兼DH」として先発したエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

奪三振ショーの降板後は“新ルール”でDH出場も4の0

■アストロズ 3ー1 エンゼルス(日本時間8日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は7日(日本時間8日)、本拠地で行われたアストロズとの開幕戦で「1番・投手」で出場した。メジャー5年目で初の開幕投手では5回途中9奪三振4安打1失点と好投したが、打線の援護に恵まれなかった。バットでは4打数無安打。チームは1-3で敗れ、今季初黒星を喫した。

 気温33.8度。季節外れの暑さで奪三振ショーを演じた。2回1死から4者連続三振。3回2死からブラントリーの右中間二塁打とブレグマンの左前適時打で先制されたが、4回は先頭・グリエルから3者連続三振。5回無死二塁でアルトゥーべを3打席連続三振に仕留めたところで降板。4回2/3で9奪三振1四球、4安打1失点だった。最速99.8マイル(約160.6キロ)だった。

 左腕バルデスに対したバットでは初回先頭で遊ゴロ。3回2死は外角カーブに手が出ず見逃し三振した。新ルールで降板後もDHとして出場した6回2死は遊飛。同点2ランの期待がかかった8回2死三塁は3番手右腕ネリスに右飛に倒れた。

 チームは8回にブレグマン、アルバレスの2者連続弾で2失点。8回に1点を返したが、反撃は届かなかった。開幕黒星発進となった。

(Full-Count編集部)

SPOTV

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY