ダルビッシュ、白星逃すも6回“ノーノー”に称賛の嵐 「珠玉の投球」「自由自在」

ダイヤモンドバックスとの開幕戦に先発したパドレス・ダルビッシュ有【写真:AP】
ダイヤモンドバックスとの開幕戦に先発したパドレス・ダルビッシュ有【写真:AP】

6回無安打無失点の快投で勝利投手の権利を持って降板も、後続が打たれ白星消滅

■ダイヤモンドバックス 4ー2 パドレス(日本時間8日・アリゾナ)

 パドレスのダルビッシュ有投手が7日(日本時間8日)、敵地でのダイヤモンドバックスとの開幕戦に先発。6回を無安打無失点の快投で勝利投手の権利を持って降板したが、9回に救援陣が乱調でサヨナラ負け。それでも抜群の投球を見せた右腕に米メディアも「もの凄いシーズンの始め方だ」と称賛していた。

 危なげない投球で開幕投手の役目を果たした。許した走者は初回、3回、4回に与えた4四球のみ。最速97.4マイル(約156.8キロ)の直球が走り、落差の大きいスプリットも切れ“ノーノー”投球で2点リードの7回に降板となった。

 2年連続3度目の大役で“開幕戦初白星”こそ逃したが、最高のスタートを切ったダルビッシュに、米経済紙「フォーブス」に寄稿するバーニー・プレスコフ氏は、自身のツイッターで「非常に落ち着いていて、自由自在に投げていた。序盤でリズムに乗り、集中力を1度も切らさなかった」と絶賛。

 さらに地元メディア「FOX5・サンディエゴ」のジュリアン・デル・ガウディオ氏も「言うまでも無く、ダルビッシュは珠玉の投球を見せる」、地元メディア「NBC7・サンディエゴ」のダーネイ・トリップ氏は「もの凄いシーズンの始め方だ」と驚きの声を上げていた。

(Full-Count編集部)

SPOTV

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY