速すぎて追えない「ロケットビーム」 大谷翔平の“超爆速192キロ”打に米衝撃

第2打席で二塁打を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
第2打席で二塁打を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

3回の第2打席で右翼線に放った打球はワンバンしてスタンドへ

■エンゼルス ー アストロズ(日本時間11日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手が、衝撃の“超爆速打”を放った。10日(日本時間11日)に本拠地で行われたアストロズ戦に「1番・指名打者」で先発出場。3回の第2打席で放った右翼線へのエンタイトル二塁打は、自己最速の打球速度119.1マイル(約191.5キロ)をマーク。米スポーツ局「FOXスポーツ」でアナリストを務め、大の大谷ファンとして知られるベン・バーランダー氏は「完全無欠のロケットビーム二塁打」と驚嘆した。

 3回1死一塁だった。フルカウントから右腕ウルキディの内角フォーシームを強振。弾丸ライナーはあっという間に右翼線へ伸び、ワンバウンドで右翼スタンドへ飛び込んだ。2021年4月12日(同13日)の敵地・ロイヤルズ戦で記録した119.0マイル(約191.5キロ)を0.1マイル(約0.2キロ)上回る自己最速の打球速度だった。

 速すぎて目で追うのも難しい衝撃打に、バーランダー氏は続けて「この二塁打の打球速度は彼のキャリア最速!! ワォ」とも投稿。MLB公式でエンゼルス番を務めるレット・ボリンジャー記者は「紛れもなく強烈な打球」と驚きを表現した。MLB公式のサラ・ラングス記者によると、119マイル以上の打球速度を複数回記録したのは、ともにヤンキースのスタントン、ジャッジに続く3人目となった。

(Full-Count編集部)

SPOTV

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY