鈴木誠也が“新人ランク1位” 6戦3本塁打10打点…好成績は運ではなく「現実」

カブス・鈴木誠也【写真:Getty Images】
カブス・鈴木誠也【写真:Getty Images】

新たな球界のスターの中で最高の第一印象を与えた選手をランク付け

 カブスの鈴木誠也外野手が、ヤフースポーツが選ぶ「MLBルーキーランキング」で1位に選ばれた。新たな球界のスターの中で最高の第一印象を与えた選手をランク付けしたもので、ここまで6試合で3本塁打10打点、OPS1.375と抜群の打撃成績が評価された。

 鈴木については、広島で38本塁打を放ち2021年に首位打者に輝いた経歴を紹介。メジャー挑戦を宣言したとき、予想システムはメジャーリーグでトップ25の1人になる打者と予想していたが「これまでのところ、彼はまさにそのように見える」とした。

 カブスでは3本塁打を放っている一方で、5四球を選んでいる。「最も注目すべきことは、彼の絶好調なスタートは(運などではなく)現実に基づいたものであることだ」と注目。「最終的に打率4割を打つことはないだろうが、シーズン序盤の彼の成功は強力なプレート・ディシプリンとスタットキャストの数値によって裏付けられている」と評価した。

 なおランキングの2位はスティーブン・クワン(ガーディアンズ)、3位はボビー・ウィットJr.(ロイヤルズ)、4位はマット・ブラッシュ(マリナーズ)、5位はフリオ・ロドリゲス(マリナーズ)だった。

(Full-Count編集部)

SPOTV

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY