大谷翔平は「サイボーグだ」 復活の2発を米メディア絶賛「信じられないことを」

第1打席で今季1号となる先頭打者弾を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
第1打席で今季1号となる先頭打者弾を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

開幕7試合30打席ノーアーチから豪快な復活劇

■レンジャーズ ー エンゼルス(日本時間16日・アーリントン)

 エンゼルスの大谷翔平投手が15日(日本時間16日)の敵地レンジャーズ戦で記録した1試合2本塁打には、米メディアも一様に驚きを隠せない様子だ。

 全国紙「USAトゥデイ」のアンドリュー・ジョセフ記者は「トラウトとオオタニは毎試合信じられないことをすると誓うよ」とツイート、「CBSスポーツ」のジャック・クロスビー記者は「ショウヘイ・オオタニはサイボーグだ」とつづった。

 大谷はこの日「1番・DH」で先発し、初回先頭の打席で初球を右中間に運ぶ1号、5回の第3打席では1死一塁から右翼席へ2ランを放った。開幕から7試合、30打席の間本塁打がなく、14日(同15日)の試合後には自ら打撃のズレを口にするほどの状態だったが、まさに驚くしかない豪快な復活劇を見せた。

(Full-Count編集部)

SPOTV

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY