菊池雄星、5回1失点で降板 2度目の先発も移籍後初勝利はお預け、最速156キロ

Rソックス戦に先発したBジェイズ・菊池雄星【写真:AP】
Rソックス戦に先発したBジェイズ・菊池雄星【写真:AP】

初登板だった13日は4回途中3失点で黒星を喫していた

■Rソックス ー Bジェイズ(日本時間20日・ボストン)

 ブルージェイズの菊池雄星投手が19日(日本時間20日)、敵地で行われたレッドソックス戦に先発。新天地での2度目の登板は、5回91球を投げ3安打1失点3四球3奪三振でマウンドを降りた。

 2回までは3四球を与えながら無安打と本塁を踏ませなかった菊池。しかし1-0の3回1死からキケ・ヘルナンデス、トレバー・ストーリーの連続二塁打で同点に追いつかれたが、リードは許さなかった。最速は96.9マイル(約156キロ)だった。

 今季初登板となった12日(同13日)のヤンキース戦では3回1/3を投げ5安打3失点(自責2)で敗戦投手となっていた。これで2試合で防御率は3.24となった。

(Full-Count編集部)

SPOTV

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY