大谷翔平、6回まで自己最多タイ12奪三振 6回1死に初安打でパーフェクトならず

6回1死まで完全投球を披露したエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
6回1死まで完全投球を披露したエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

6回1死で元同僚カストロに中前打を許した

■アストロズ ー エンゼルス(日本時間21日・ヒューストン)

 エンゼルスの大谷翔平投手は20日(日本時間21日)、敵地・アストロズ戦に「1番・投手兼DH」で出場し、今季初勝利の権利を手にした。6回1死から元チームメートのカストロに初安打となる中前打を許してパーフェクトはならなかった。6回まで自己最多タイ12奪三振、1安打無失点と好投を続けている。

 初回から奪三振ショーだ。3回先頭のグットラムから自己最長となる6者連続三振。6回1死まで2018年4月8日のアスレチックス戦に並び自己最多タイの12奪三振。2桁奪三振は今季初、通算7度目だ。スライダー、スプリットで寄せ付けない投球を見せている。

 バットでは初回先頭で四球を選び、打者一巡で迎えた同2死満塁で左翼フェンス直撃の2点二塁打を放った。大量6得点のビッグイニングとなった。6回1死では意表をつくバント安打。4試合ぶり、今季3度目のマルチ安打をマークした。メジャー通算383安打とし、田口壮を抜いて日本人歴代9位となった。

 投手としては今季3試合目の登板。開幕から2戦2敗。対アストロズ戦は通算6試合で0勝3敗、防御率5.92。敵地ミニッツメイド・パークでは0勝2敗、防御率6.50と鬼門となっている。このまま初勝利をつかめるか。

(Full-Count編集部)

SPOTV

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY