大谷翔平、今季初勝利は「自分の中で評価できる」 佐々木朗にも言及「素晴らしい」

6回12奪三振無失点の好投で今季初勝利を挙げたエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
6回12奪三振無失点の好投で今季初勝利を挙げたエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

「抑えるのが当たり前の雰囲気の中で抑えていくのは難しい」

■エンゼルス 6ー0 アストロズ(日本時間21日・ヒューストン)

 エンゼルスの大谷翔平投手が圧巻の奪三振ショーで今季初勝利をマークした。20日(日本時間21日)、敵地・アストロズ戦に「1番・投手兼DH」で出場。6回途中までパーフェクトに抑え、6回1安打無失点の好投で勝利投手となった。打っても2安打2打点。試合後は「集中してましたし、長い回を投げるというよりかは明日もオフなので、1イニングずつ中継ぎに繋ぐつもりでいきました」と振り返った。

 初回に自身で左翼フェンス直撃の2点二塁打を放つなど大量6点の援護をもらった。投げては初回からいきなり2三振。3回無死から6者連続三振を奪うと、6回まで先発全員三振で最多タイとなる12三振を奪った。6回1死でカストロに安打を浴びて完全投球こそ途切れたものの、6回1安打無失点の快投でチームに勝利をもたらした。

 大谷は「ボール自体も良かったですし、初回に6点入ってから、抑えるのが当たり前の雰囲気の中で抑えていくのは難しいんですけど、それをしっかりできたというのが自分の中では評価できるかなと思います」と語り、大量援護の中でも集中力を切らさずにアウトを積み重ねた自身の投球を評価した。

 また、同じ岩手県出身で2試合連続で完全投球を続けているロッテの佐々木朗希投手についても言及。報道陣からの質問に「もちろん素晴らしいなと思います。実際には見てないのでアレですけど、2試合連続で何イニングもゼロで抑えることだけでも難しいですけど、ヒットを打たれないというのはそれだけ素晴らしボールを投げているということ。これからも頑張ってほしいですし、僕自身も頑張りたいなと思います」と応えていた。

(Full-Count編集部)

SPOTV

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY