大谷翔平、今季初の2番スタメンでCY賞ビーバー撃ちなるか 8試合ぶり4号に期待

エンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
エンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

本拠地・ガーディアンズ戦に「2番・指名打者」で先発出場

■エンゼルス ー ガーディアンズ(日本時間26日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は25日(日本時間26日、試合開始10時38分)、本拠地のガーディアンズ戦に今季初めて「2番・指名打者」で先発出場する。8試合ぶりの4号本塁打が飛び出すか。

 ガーディアンズの先発は右腕シェーン・ビーバーだ。2020年に最多勝利、最優秀防御率、最多奪三振の投手3冠に輝き、自身初のサイ・ヤング賞を受賞。3年連続で開幕投手を任された今季は3試合登板して1勝0敗、防御率2.25。大谷との対戦成績は10打数2安打の打率.200、1打点、4三振となっている。

 前日24日(同25日)の本拠地・オリオールズ戦では「1番・DH」で先発出場して4打数2安打2得点。今季4度目のマルチ安打をマークし、復調の兆しを見せた。サイ・ヤング賞右腕から結果を出し、完全復活といきたいところだ。

(Full-Count編集部)

SPOTV

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY